メニュー
 

第3期

 松本市地域福祉計画・地域福祉活動計画

 (平成28年度~平成32度)

 

みんなでつくろう ともに生きる地域の心を


松本市

松本市社会福祉協議会

 

地域福祉の推進に向けて

松本市長 菅谷 昭

 日本社会はこれまで世界が経験したことのない急速な「少子高齢化」や「人口減少」に直面しています。また、不安定な世界情勢や、東日本大震災から5年を経ても先行きの見えない不安感等が、社会全体に影響を与えています。地域においても超少子高齢型人口減少社会の進展による社会構造の変化に伴い、地域コミュニティにおいて地域課題は増大かつ複雑化しているほか、核家族化の進展、ライフスタイルや価値観の多様化などにより人間関係が希薄化し、お互いさまの意識が低下しています。

 

 本市では「健康寿命延伸都市・松本」の創造を目指すべき都市像として掲げ、地方創生がさけばれる以前から、いち早く「人の健康」を基盤に様々な分野をより良い状態、すなわち健康に保つという視点でまちづくりを進めてきました。そして誰もが願う「健康寿命延伸」を追及してきた成果がここ2~3年で、若年女性や総人口の減少率の低さや、国をはじめとする多方面からの注目を集めているところに表れてきており、その理念が市民の皆様に定着してきたことを実感しています。

 

 今後は、これまで市民の皆様と築きあげてきた普遍的な価値観「健康長寿延命都市・松本」の確かな実現に向け、市民一人ひとりが、将来に希望と誇りと責任をもって、生きいきと暮らせるまちづくり「生きがいのしくみづくり」を目指します。

 

 このたび策定いたしました「第3期松本市地域福祉計画・地域福祉活動計画」は、このように全ての人が生きいきと暮らせるお互いさまの地域に向けて、市民の皆様と市や社会福祉協議会が一体となって、一歩踏み込んだ取組みを進めるための本気の計画です。福祉とは限られた弱者救済のサービスを提供することではなく、一人ひとりの多様な困りごとを、地域全体の課題として捉え、住民が主体となって課題解決に向かうことを目指したものです。

 本市において、第1期松本市地域福祉計画策定当初から推進されてきた、それらの取組みこそ、まさに松本らしい地域づくりや地域包括ケアシステムの構築につながるものであり、10年20年先の地域を変えるものです。市民の皆様には計画策定の趣旨をご理解いただき、一層のご支援とご協力をお願い申しあげます。

 おわりに、計画の策定にあたり熱心に議論を重ねていただいた「地域福祉計画策定委員会」「健康福祉21市民会議」の皆様をはじめ、アンケート調査等において貴重なご意見ご提言をいただいた多くの市民の皆様に心から感謝を申しあげます。

平成28年7月
 

第3期松本市地域福祉計画・地域福祉活動計画の策定にあたって

松本市社会福祉協議会長 渡辺 聰

 超少子高齢型人口減少社会の進行を背景に、経済的困窮や社会的孤立状態にある生活困窮者の増加や深刻化する子どもの貧困、子どもの犯罪被害やいじめ、認知症行方不明者の増加、高齢者、障がい者の虐待や悪質商法被害など、地域社会や家庭の様相は大きく変容し、複雑で多様な福祉課題が顕在化しています。

 

 このような状況のなか、「福祉のまちづくり」を使命とする当会には、こうした地域社会の多様な福祉課題を受け止め、その解決に向けた具体的な仕組みづくりが求められています。

 

 当会では、平成23年度に策定した「第2次地域福祉活動計画」に基づき、災害時に備えた日頃からの近隣住民同士による絆づくりである、「見守り安心ネットワーク活動」を重点的に全市に広げるための啓発活動をはじめ、地区社協及び町会福祉部等に対する様々な支援・協力やボランティア講座、炊き出し訓練、出前講座等を通じて地域の福祉力向上に取り組んできています。

 

 このたびの「第3期松本市地域福祉計画・地域福祉活動計画」の策定にあたっては、松本市が策定している地域福祉計画と連携を図り、住民にとってわかりやすい計画とするために、松本市における地域福祉推進の取組みを一体的に示す計画として策定を行いました。

 

 第3期松本市地域福祉計画・本計画におきましては、計画スローガンである「みんなでつくろうともに生きる地域の心を」を目指して、松本市との一層の連携のもと、これまでの取組みのさらなる充実を図るとともに、地域包括ケアシステムの構築などの新たな取り組みを進め、引き続き地域福祉の推進を図ってまいります。

 

 本計画の推進にあたりましては、地域住民の主体形成が何より必要でありますが、それには長い時間が必要です。松本市や当会では本計画の推進のためこれまで以上に地域に寄り添い、住民への継続的な働きかけや財政的支援を行っていくことが重要であるとの考えのもと、今後とも地域福祉の推進へ積極的に取り組んでまいりますので、ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

 結びに、本計画の策定にあたりましては、熱心にご審議をいただきました地域福祉計画策定委員会及び地域福祉活動計画検討委員会の委員の皆様をはじめ、各種調査にご協力いただきました多くの市民の皆様に心からお礼を申し上げます。

平成28年7月

 

目次

第1編 計画策定に当たって
  計画策定の趣旨
  計画の位置付け
  計画期間
  計画の策定体制
第3編 地域福祉推進の基本的な考え方
  スローガン
  コンセプト
  計画の重点目標
第4編 計画の推進手法
  地域福祉推進の「行動デザイン」
  活動圏域の設定
第5編 計画の推進体制
  推進体制
  計画の進行管理・評価
第7編 その他検討課題
  その他検討課題について
 
ページのトップ